クレカを持っていると月々カード会社から利用明細書が送付されてきます。楽天カード申し込み

この利用代金明細にはどこの店で何時にカードでどれだけ使用したのかについての詳細が見やすい表になっているため、これまでクレカを使った決済の履歴を照会するためにきわめて容易で便利でもあります。

これだけで運用するにはなかなかきびしいだろうと思いますがまとめやすい出納帳風にすることもいいアイディアだしお金の管理の助けにもなると思います。

それに上記のクレカ利用代金明細送られてから数週間でカード代金の送金が行われるわけです。

つまりはそのクレカ利用代金明細を注意していて、ちょっとでもおかしな項目、もしも行ったこともない場所が書かれていたら連絡して調査してもらえばよいということが多いでしょう。

もし偽造による詐欺をはじめとする正当でない支払いが判明した場合でも、契約者に責任がないようなら、大方の事例ではクレジットカード会社がそういった決済を削除してくれます。

ここ数年ではこの価値の高い利用代金明細をインターネット上で見ることができる会社が増えてきています。

常にいつどのようなサービスを買ったかをチェックしておく決まりにして不正利用から身を守ることができるし、家計簿の代わりとなり家計管理等も一度にできてしまいます(パソコン画面でカード履歴をリストアップできるカード会社は以前の来月以降の請求額など見ることがOK)。

カードはカード利用そのもの以外点でもとても貴重なツールなのではないでしょうか。

Copyright © 2002 www.marcolevi.com All Rights Reserved.