通常のはじめたばかりの人向けの外為取引の情報では「損失が生じたケースではナンピン買いを入れることによって全体の買い付け価格を下げる」と記述されていたりする事もありますが正直ここには目に見えない落とし穴が待っています。

まず、ナンピン買いの理屈に関して簡単に説明しておこう。一人暮らし

例として1ドル100円でドルを買ったとします。レンタカーをその日に借りる方法

ドル買いですから、円安ドル高に推移するほど儲けが大きくなりますが、95円まで円高・ドル安が進んでしまった。meemo口コミ

その場面でポジションを持ち続けたら、損失が回復するまでにはドル安になった分ドル高が進まなければなりません。アコムの店頭窓口での申し込み方法は?【即日審査も可能?】

誰もが、赤字は可能な限り早くリカバリしたいと願うだろう。不用品回収名古屋

この状況を乗り切るため最初に売買したのと同額分の$(ドル)を1ドル=95円で売買します。鶴見斎場

これで、平均のコストは1ドル=97.50円まで下げることができます言い換えると、半分の幅で円安が進むと、損失を取り戻す事が出来ます。ナースバンク 西条市

この流れがナンピン買いのやり方です。人妻を落とす口説き方

ナンピン買いの理屈を聞くと、「納得だ」という風に思うが為替はそう簡単には上手くはいきません。占いヴェルニの千花先生

だいたい、1ドル95円が下限だとということなど、誰一人として想像できません。

為替相場がかなり強いドル安傾向だとすると、1ドル95円ではとまらず、さらに一層円高ドル安になる確率は高いです。

たとえば、1ドル97.50円でナンピン買いをした場合に1ドル=95円まで円高ドル安になっとしたならば、ナンピンをしたポジションも、損失が生まれることになってしまいます。

そういう状態では初めに売買したドルと全部で二重のマイナスを被ることになる。

この通り、ナンピン買いは難解です。

それでは、為替相場が自分の脚本とは逆の方向にさっと向ってしまった場合、どういったやり方でリスクをコントロールすればいいのでしょうか。

そういう時には取るべき対策は2つあります。

まずはじめは潔くあきらめて損切りをする事です。

もうひとつはその時点で、自分が所持しているポジションを縮小することで、もう一回相場が回復するのを黙って待つことだけです。

大人しいやり方だと感じる投資家もいるkもしれません。

だがしかし、自分が保持している買いポジションに損失が出た場合、一番適切な方法はこれ以上のものは考えられません。

ロジックのうえではナンピン買いを入れるという方法もあると思います。

しかしながらナンピンは、自分が損失を出している状態でポジションを減少させるどころか遂にポジションを増やしていく考え方です。

これでは、危険性を制御することなど、どう頑張ってもできないと考えたほうがいいです。

ナンピン買いをしていけばいつかは損を取り返せるかもしれません。

だけど、それより前に投資資金はショートしてしまいます。

Copyright © 2002 www.marcolevi.com All Rights Reserved.