自動車保険には自賠責保険ないしは任意保険といったふたつの種別が存在します。75-16-82

自賠責保険、任意保険ともに、まさかの事態に際しての補償を得るものですが、契約の中身は少々違うといえます。75-5-82

ふたつの保険を見比べると補償できることが一様とはいえません。75-10-82

※事故の相手へは、「任意保険」「自賠責保険」によって補償が可能です。75-12-82

※自分に関しては「任意保険」で補償されるよう取り決められています。75-8-82

※自己の所有する財産においては、【任意保険】によってのみ補償します。75-17-82

自賠責保険単独では自分自身へのケガないしは車に向けたサポートは受けることができません。75-14-82

次に相手方への補償などのサポートですが自賠責保険ならば亡くなった場合は最高三〇〇〇万円、後遺症が残ってしまった場合最高四〇〇〇万円などといったように決められているのです。75-7-82

ただし賠償金が前に挙げた額を凌ぐことはよくあることに注意しましょう。75-11-82

加えて事故の相手方の所有するクルマまたは建物を毀損した際に関しては、害を加えた人による完全な自己負担になってしまいます。75-18-82

そういった負担は個人には荷が重すぎるため任意保険というものが必要だと考えられます。

被害者に対するサポートに重点を置く任意保険には、それとはまた違う役割があります。

※事故の相手に対しては、死亡時あるいはケガのほか、車両ないしは家などの対象を賠償してもらえるのです。

※自らへは搭乗者も入れて死亡時もしくはケガを補償してくれるのです。

※自己が所有する財産においては、愛車を賠償してくれます。

このように多様な面において援助が抜かりないのが任意保険最大のメリットです。

保険の料金の負担は必須となってしまうこととは引き換えに事故の相手方のためにも自分自身の安心のためにも、車両に安心して乗りたいのであればぜひ任意保険というものに入っておきましょう。

Copyright © 2002 www.marcolevi.com All Rights Reserved.
75-13-82 75-9-82