外為取引(FX)のパターンには取引所取引という場所があります。http://webmania.to

外為(FX)企業と商業取引をとり行う事柄を「店頭取引」と言いますが、取引所を通過させないで商いの対象はFX(外国為替証拠金取引)企業になるのです。

「取引所取引」というのは外為取引会社はあくまで仲だちであるので直接のビジネスペアは取引所との事になっています。

その相違を今比較してみましょう。

開口一番「店頭取引」の際は預け入れてある資金はFX(外国為替証拠金取引)会社に管理されています。

反面「取引所取引」の次第、資金は全ての額取引所に仮納しなければならないと義務になっております。

万一FX(外国為替証拠金取引)会社が破綻してしまうというような問題が例えあったとしても、後者は、取引所によって資金は総額防守してもらうことになっています。

時はFX企業が束ねしているので、業況を見て企業ダウンのしわ寄せをに襲われて預託していた資金は保護されずなのかもという可能性があります。

及び税金面からも2つには規定に相違が見受けられます。

「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップポイントなどを雑所得として月給と総額で申告しなければなりません。

しかし確定申告しなくても済む場合もあるとの事ですので我に共通するか当てはまらないか抜かりなくチェックしていただきたいです。

もしあなたが会社員で年収二千万円以下、給与の所得をはみ出した利益が二十万円以下(2社以上の会社から給与所得が無いということ)というようなのような基準を満たしている状態でいるなら例外として確定申告はする必要がないです。

外国為替証拠金取引(FX)収益が20万円以上の時は確定申告をするようにして下さい。

税の割合は実入りに反応して5〜40%の6個の段階に組み分けされておりまして実収が高いならば税も値上がりします。

「取引所取引」に関しては、収益があった折はそれ以外の実入りとは別として「申告分離課税」の対象となってしまうのです。

税の割合は一律20%となりますが万一損失がはっきりしたのであれば「取引所取引」の得策として損失分を次年以降に繰越するということができます。

上記から読んでも、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも価格が少ないtaxになる時というのも大いにあるのでふまえてみて考えた方が良いと思います。

とりわけビギナーの方は、株価の動きや円高に一日一日配慮し、利潤や損金分に一喜一憂する事によって、税金においての問題を忘れて放置になってしまうこともあります。

損金は困りますが、利益が上がれば税金においても増加するので神経を使うのと自覚が肝要ですね。

Copyright © 2002 www.marcolevi.com All Rights Reserved.