多種多様にあるお金の借入れの審査基準の視点から見てみると、その基準もまた多様にあるということが考えられます。

ひとくくりにキャッシングサービスと呼んでも、銀行であったり大手のものであったり、さらに闇金融などが存在し多様です。

これらを見た時、間違いなく、手続きが簡単な会社、厳しい会社というものに分かれていきます。

初め、併せて借り入れる数は、三社がめどと言われています。

お金の借入れ数が三社以内で、借り入れ金額が年間の収入の三分の一以下であれば、銀行であっても審査をクリアする確率は高いです。

金融機関はおおかた借りたお金に対しての利子が少なめに設定されていますので、活用するということであれば銀行系がよいでしょう。

借り入れ件数が万が一お金の借入れ件数が4件を超えている際は、銀行系は難しくなるはずです。

但し、2006年の貸金業規制法や出資法などの法改正により、利息の上限金利が下げられ、金融機関では審査が厳しくなってきている傾向にあるようです。

金融機関系でも、一段と審査項目に関しては慎重になるようです。

また、審査項目の幾分あまい会社と人気の企業でも、なりふり構わず手続きに申し込めばよいということでもないのです。

もしも、先にその企業に関して情報を調査せずに申し込み、審査に通過しなかった際は、その個人情報は個人信用情報機関に保管されます。

信用情報機関に登録される時間は3ヶ月〜6ヶ月なのです。

その期間、個人信用情報機関の個人情報が汚れてしまうこととなってしまします。

汚れたからといってただちに借りられないというわけでもないですが、その記録を閲覧する企業の審査には、間違いなく、少なからず影響があるでしょう。

割と通過しやすいといわれている審査を持つ会社でも、個人信用情報機関に情報が登録されるいることによりキャッシングできなくなるということも発生する可能性がでてきます。

Copyright © 2002 www.marcolevi.com All Rights Reserved.