民事再生による解決は住宅ローンなどを含む複数の債務に困っている債務者をターゲットに、住んでいるマンションを手放さずに金銭管理においてやり直すための法による方法として利用できるようになった制度です。

民事再生制度には、破産のように免責不許可となる要素はありませんので、浪費などで借金ができたような場合においても手続きは取れますし、破産宣告が理由で業務停止になりかねない免許で仕事をしているような方でも手続きは可能です。

破産手続きの場合はマイホームを対象外にすることは許されませんし、その他の債務処理では元金そのものは返済していかなくてはなりませんので住宅ローンなども払いつつ支払い続けるのは困難だと思われます。

ただ、民事再生を採用することができれば、住宅ローン等を別とした借入金は相当な負債を減らすことができますので余裕をもって住宅ローン等を返済しつつ残りの負債を払っていくようにできるということになります。

といっても、民事再生による整理は任意整理による処理特定調停といった方法とは違い一部分の債務を除き処理を行うことは不可能ですし、破産申告においてのように返済義務それそのもの消えるわけではありません。

別の解決手順と比べてもある程度こみいっていて手間もかかりますので住宅のためのローンが残っていて住んでいるマンションを手放すわけにはいかない時などを除外して、破産申告等といったそれ以外の整理方法がない場合におけるあまり優先したくない方法と考えるのがいいと思います。

Copyright © 2002 www.marcolevi.com All Rights Reserved.