出会うのが自動車事故です。その状況で何をどうやって行動するかで自動車保険料の支払いも大きく違ってくる場面も想像されますので落ち着いた判断と行動力が求められます。思いつきもしないハプニングに巻き込まれて慌ててしまったならば大事な事を見落してしまい、大きな損を負う時も予測できるので乗用車の事故に巻き込まれた場面では冷静に次の対処をします。自動車事故をしてしまった場面で最も初めにすべきなのは負傷した人の確認です。自動車事故後すぐは気が動転するあまり何も出来ない状態になってしまう状況があり直ちに動けないのが当然です。なので、怪我をした方がいた場合には危なくない場所へ移して応急手当をし、周りの人に助けを求めるなど要救助者の最優先を心掛けましょう。119番に連絡する状況では適切な場所を知らせ不明確な場面では近くの目に留まった学校や町名を告げて事故が起こった位置が分かってもらえるようにします。次に警察署に通報して、交通事故が起きた事、そして状況を伝えます。救急車とパトカーを待つ内に事故相手の事を聞きます。姓名、住んでいるところ、連絡先、免許事故の相手の方の保険会社などお互いのことを教えあいます。事故相手にミスがあった場合には即刻片付けようとする場合が考えられますが現場でやり取りするのではなく、どんな時にかかわらず警察署や自動車保険会社に連絡して、ちゃんと調べてもらう事が大切です。互いの内容をやり取りしたら他者の障害にならないように障害になる物を道路からどけます。もしも被害が交通の邪魔になっている状態では自分と相手の情報交換をする以前にこの作業を終わらせてしまっても問題はないです。ここで自分が加入している自動車保険会社に電話を入れ自動車事故が起こった事を届け出ます。自動車の事故から一定の時間内に車の保険会社に連絡を入れないと車での事故の保険の適用外に状況もありえますので時間が出来たらすぐに行うことが必要不可欠です。出来るのならば事故の現場の様子としてカメラやスマホなどを使って状況や乗用車の壊れた箇所が分かる写真をを撮ります。その写真は責任の割合決める時に重要な役割となるので己の乗用車や相手方の愛車の壊れた箇所をちゃんとカメラに残しておくことが大事です。この時に他の人がいるのであれば警官の方が保険会社の人が辿り着くまでその場に待機して頂くように呼びかけることも重要です。

Copyright © 2002 www.marcolevi.com All Rights Reserved.