【全損】とはその名称が示すように全部が壊れてしまった状態で結論として走ることが出来ないという状況の移動手段の車として働きを満たせなくなった場面で判断されますが、乗用車の保険で定義されている「全損」は多少なりとも同義ではない意味合いがあったりします。自動車保険の場合では乗用車が破損した場合には全損と分損のように2つの状況に分けられ【分損】は修理のお金が保険金内でおさまる状態を表現し、反対に全損とは修復のお金が保険金の額を超える状態を表現します。修復で全損という場面では車の最重要のエンジンに重大な損害が起きたり、車のフレームがいびつになっていて修繕が不可能である為リユースか廃棄にするのが一般的です。車の事故でディーラーや保険屋さんがかかる修復のお金を計算した状況で、いくら見た感じがしっかりとして直すことが可能な場面でも修復費が補償金よりも大きければ何を目的として車の保険に加盟しているのか分からなくなってしまいます。そういったときには《全損》と考えてマイカーの所有権を自動車保険会社へと渡して補償金を頂くシステムとなっています。当たり前の事ながら長年運転した愛車で愛着があり、自腹で直して所持したいというドライバーはかなりいますので状況において自動車の保険屋さんと確認しあうといいかもしれません。もっといえば、保険の種類によってはそういった時のために特約等【全損】の時のために特約ついているところが多々あり、不幸にもマイカーが全損となった時でも新車購入の諸経費を一部補償してくれるサービスもあります。そして盗難時保険額の特約をつけているならば、盗難被害にあったマイカーがなくなった場面でも(全損)と判断され、補償金が払われるサービスになっています。

Copyright © 2002 www.marcolevi.com All Rights Reserved.